NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 第4回Shigeru Kawai国際ピアノコンクール概要公開

2021.08.27

第4回Shigeru Kawai国際ピアノコンクール概要公開

4th_SKIPC_Logo

2019年8月、ロシアのイリア・シュムクレル氏の優勝で幕を閉じた第3回Shigeru Kawai 国際ピアノコンクールから2年、2021年夏に開催を予定していた第4回目となるこのコンクールは、新型コロナウイルス感染症の影響により、延期を余儀なくされていましたが、2022年8月に開催することを決定し、この度概要が公開されました。

エントリー開始は10月より、2022年2月から予備審査を開始し、7月30日より1次予選を開始します。

ファイナルは、2022年8月6日(土)会場は渋谷区文化総合センター大田和「さくらホール」で開催します。

詳細はShigeru Kawai国際ピアノコンクール公式サイトよりご確認ください。

Shigeru Kawai国際ピアノコンクールは、2017年の河合楽器製作所創立90周年を記念して創設され、次世代を担うピアニストの発掘・育成、国際交流の推進や世界の音楽文化の振興を目的としたコンクールです。
これまで開催した3回のコンクールは、世界各国で将来を期待される多くのピアニストが参加し、大勢の観客のもと盛況のうちに幕を閉じ、多くの反響を呼んでまいりました。このコンクールの特長でもある、国内予備審査からファイナルまでShigeru Kawaiグランドピアノを使用しての演奏、特に第2回コンクールより採用しているファイナルラウンドでのSK-EX2台によるピアノ協奏曲は、国立モスクワ音楽院教授のアンドレイ・ピサレフ氏/パーヴェル・ネルセシヤン氏の伴奏で、観客のみならず、音楽関係から高い評価を頂いています。今回も両氏による伴奏でのピアノ協奏曲を予定しています。

新型コロナウイルス感染症のため演奏の機会を失っている若手ピアニスト達にとって、素晴らしい表現の場となることを願っています。

Copyright © Kawai Musical Instruments Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.

pagetop