NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 第4回高松国際ピアノコンクール ファイナリストたちのコメント

2018.04.18

第4回高松国際ピアノコンクール ファイナリストたちのコメント

TakamatsuFinal

2018年3月14日(水)~25日(日)まで香川県高松市で開催された第4回高松国際ピアノコンクールにおいて、カワイフルコンサートグランドピアノ「SK-EX」を弾いたゲルマン・キトキンさん(ロシア)が第4位、アウレリア・ヴィソヴァンさん(ルーマニア)が第5位に入賞しました。
お2人からコメントをいただきましたのでご紹介します。

・ゲルマン・キトキン さん(German KITKIN

私がこれまでに弾いたことのあるShigeru Kawai のなかでも最高の1台でした。ppp(ピアニッシッシモ)からf(フォルテ)まで音量が豊かで、本当にこのピアノを楽しむことができました。
ステージ上では私だけでなく、このピアノもアーティストだったと思います。
またできるだけ早い時期に、再度この美しいピアノを演奏できることを楽しみにしています。

German_1

 

アウレリア・ヴィソヴァン さん(Aurelia VISOVAN

高松でのShigeru Kawai の印象は、美しい音色がとてもよく伸びる素晴らしい楽器だということでした。
すべての音域で非常にバランスがとれていて、とても気持ち良いタッチでした!Aurellia_1

お2人から当社竜洋工場へサインを頂き飾らせて頂いています。

Sign_1

左:ゲルマン・キトキンさん 右:アウレリア・ヴィソヴァン さん

高松国際ピアノコンクールについて

 香川県高松市のサンポートホール高松を会場として2006年から4年に一度開催されるピアノコンクール。世界に挑戦する音楽家とのふれあいを通じて、国際交流の輪を広げ、夢と感動あふれる国際コンクールとして継続して開催することにより、香川の音楽文化の発展に貢献し、地域に育まれていくことを目指しています。浜松国際ピアノコンクール(1991年から3年に一度開催)、仙台国際音楽コンクール(2001年から3年に一度開催)に次ぎ、日本で3番目に創設された国際ピアノコンクールです。当社は同コンクールには第1回から公式ピアノとして参加しています。

Copyright © Kawai Musical Instruments Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.

pagetop